西播

  • 印刷
白やピンクの花を咲かせるササユリ=福崎町高岡
拡大
白やピンクの花を咲かせるササユリ=福崎町高岡

 兵庫県福崎町高岡の医王寺で、かつて周辺の山すそに自生したが激減していたササユリの花を住職が丹精し、白やピンクの大輪を咲かせている。15日ごろまでに約900株が次々と開き、里山の景観を涼しげに彩る。

 ササユリはユリ科の多年草。シカの食害や乱獲でめっきり減ったため、住職の松尾貫秀さん(76)が約20年前から、庫裏や本堂のそばで植え続けている。

 山すそで、生育に適した半日陰の場所を選び、4区画を整備。濃淡のピンクと白の計3色で、昨年の暮れに200株増やした。今年はほぼ例年並みで5月27日に最初の開花を確認。6月初旬で1割程度咲いている。

 松尾さんは「当初は千株が目標だったが、景観になじむので、1500株を目指す。町内外からたくさん見に来てくださるようになり、いい『寺おこし』になってます」と話す。

 見ごろに合わせて、境内では松尾さんや住民が山野草を展示即売する。医王寺TEL0790・22・4215

(井上太郎)

西播の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 10%

  • 9℃
  • 6℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

お知らせ