西播

  • 印刷
氷塊を運び、削る氷ばさみや削氷機が並ぶ企画展=上郡町郷土資料館
拡大
氷塊を運び、削る氷ばさみや削氷機が並ぶ企画展=上郡町郷土資料館
本体が回転しても、中の鉢は回転しない安全ごたつ=上郡町郷土資料館
拡大
本体が回転しても、中の鉢は回転しない安全ごたつ=上郡町郷土資料館

 兵庫県上郡町の昭和、大正期の暮らしぶりを紹介する企画展「ちょっと昔にタイムスリップ-夏のくらし冬のくらし」が同町郷土資料館(同町上郡)で開かれている。寝苦しい夜をしのぐ蚊帳や、冷気が入り込む居間を暖めた火鉢など、町民らから提供された生活道具88点を展示する。同館は「電化製品が普及する前の生活を想像してもらえたら」としている。26日まで。

 夏場の道具では、棒状の蚊取り線香やハエたたき、天井からつるすハエ取りリボンなど、昼夜を問わず虫と戦っていた当時をうかがわせる。未舗装の道路のあちこちに水たまりができ、トイレはくみ取り式、牛を飼う家もあったため、発生したハエなどが網戸のない家に群がったという。

 また、氷売りが使っていた氷ばさみや、ハンドルを回してかき氷を作る削氷機も並ぶ。大きな氷の塊を運び、削るため、金属製でずっしり重い。

 一方、隙間風が吹き込む木造家屋では、炭を使った置きごたつやあんかが重宝された。六角柱の木組みの箱を蹴飛ばしても、炭が入った中の鉢は回転しない「安全ごたつ」も目を引く。

 ホタルを観賞するための麦わらで編んだ籠や、カジカガエルの鳴き声を楽しむ入れ物もある。無料。午前9時~午後4時半。月曜休館。同館TEL791・52・3737

(伊藤大介)

西播の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ