西播

  • 印刷
水揚げが本格的に始まったサワラ。大物が少なく、やや寂しいスタートに=たつの市御津町室津
水揚げが本格的に始まったサワラ。大物が少なく、やや寂しいスタートに=たつの市御津町室津

 播磨灘の初夏を彩るサワラ漁が本格的に始まった。兵庫県たつの市御津町の室津漁港では、例年なら浜をにぎわす大物が、今シーズンは数えるほどしか見当たらず、やや期待外れの滑り出し。夏本番とともに水揚げ量が上向くか、漁師たちは気をもむ。

 産卵のために外海から瀬戸内海に入ってくる群れを狙う「はなつぎ網漁」は6日に解禁。西播磨地域の漁法の一つで、「網船」と呼ばれる2隻の船が約400メートルの長い網で囲い込み、捕獲する。網船が先端を突き合わすように見えることから、この名が付いた。

西播の最新
もっと見る

天気(11月14日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 18℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ