西播

  • 印刷

 兵庫県宍粟市議会の臨時会が11日開会し、市は宍粟総合病院の移転先として工場跡地を取得する費用を計上した約6億6千万円の一般会計補正予算案を提案した。ただ新病院の建設見通しが固まっておらず、議員から疑問が噴出。賛成9、反対6の僅差で可決された。

 市は同病院の移転先として、同市山崎町中比地の工場跡地約3万9千平方メートルを先行取得する方針を説明。「病院適地だが、遅れると取得できない可能性がある」として、先行取得に理解を求めた。

 議員の大半は建て替えの必要性を認めたが、「約100億円の建設費を調達できる財政見通しがなく、土地を買っただけになる恐れがある」「1日で決めず市民の意見を聞くべき」などと、継続審査を求める声が相次いだ。採決では与党会派の議員などが「好条件の用地は絶対に確保すべき」などとして、賛成多数で可決された。(古根川淳也)

西播の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ