三田

  • 印刷
3年生の生徒と教師が作ったメッセージ動画の一覧=三田学園ホームページから引用
拡大
3年生の生徒と教師が作ったメッセージ動画の一覧=三田学園ホームページから引用
手作りしたハート型のメッセージカード=ユーチューブより
拡大
手作りしたハート型のメッセージカード=ユーチューブより

 心から「ありがとう」を伝えたい-。三田学園高校(兵庫県三田市南が丘2)3年生の有志が、新型コロナウイルス感染拡大のさなか、働いて社会を支える人たちへのメッセージ動画を作成した。医療・介護従事者に向けてはもちろん、生徒らは続ける。物を作ってくれて、ごみを回収してくれて、情報を届けてくれて。そして困っている人のため、私たちを楽しませるために動いてくれて…。外出を控えながらも日々暮らせていることに感謝し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で発信している。(喜田美咲)

 休校中の5月の連休明け、男性教員の一人が、生徒たちにオンラインで提出させている体調報告の中で1件の相談文を読んだという。

 「連休中にドキュメンタリーやニュースを見て、感染リスクがある中でも懸命に働いている人がいると知った。自粛という形でしか協力できていないけれど、感謝を伝える方法があるのではないか」

 そう書いたのは3年生の高崎実菜美さん(17)。相談に加えて「メッセージを書くのはどうか」と提案する文章も添えていた。

 やってみようか-。教員が3年生全員に呼び掛けたところ約30人が賛同し、1週間で手紙、イラストを撮影した写真を送ってきた。教員がまとめて動画にし、「三田学園発 社会を支える人たちに感謝の思いを伝えようプロジェクト」と題してユーチューブに公開することにした。

 動画は約3分。電子音を交えたユニークな音楽を流しながら紹介する。

 母が看護師という生徒は「何もしてあげられない自分が嫌になる」と心情を打ち明けつつ、「今、私達ができることを精一杯する」と記して続けた。「皆さんの働き、その姿に救われている人がいるというのを忘れないで下さい」

 別の生徒は、スーパーなどの従業員にも向け「安心して買い物が出来るように、毎日身を粉にして働いて下さっている(略)このメッセージが少しでも働く皆様の心の支えになることを願います」と記した。

 力強い筆致で書いた一言も。「Thank you!! All Front Line Workers!(最前線で働く全ての人々に、ありがとう)」

 他にも、医療を象徴する「青」をテーマ色に鳥の貼り絵を作ったり、名画「モナリザ」をモチーフに疫病よけの妖怪「アマビエ」を描いたりと独創的な作品を寄せた生徒もいた。

 高崎さんは「たくさんの協力があってうれしい。学校再開でようやく友だちに会えるが、頑張ってくれている人たちのおかげだということを改めて感じた」と話す。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ