三田

  • 印刷
新品のマスクを投かんするマスクポスト(三田市社会福祉協議会提供)
拡大
新品のマスクを投かんするマスクポスト(三田市社会福祉協議会提供)

 おうちに余っているマスクはありませんか? 高齢者や障害者に新型コロナウイルスの感染が広がる事態を防ごうと、兵庫県三田市社会福祉協議会は25日、新品マスクの寄付を募る「さっちゃんマスクポスト」を市内の公共施設6カ所に設置した。6月30日まで募集している。(門田晋一)

 ポストは市社協のマスコットキャラクター「さっちゃん」を描き、大きく赤い文字で「マスクポスト」と記す。

 市社協によると、ウイルスで重症化しやすい人が多い福祉施設では利用者、介助者の間で感染を防ぐためにマスクが欠かせず、1日に何度も交換が必要。市場に出回り始めたとはいえ、購入できる枚数には限りがあり、数人分を作るにも労力がかかるため十分な数量確保は難しい状態という。

 ポストは市総合福祉保健センターのほか、社協の地域福祉支援室がある広野、藍、フラワータウン、ウッディタウンの各市民センターと、高平ふるさと交流センターに設置。1日以降は市多世代交流館にも置く予定という。

 寄付できるのは包装された市販の布・不織布のマスクで、開封していない未使用品が対象。箱の場合は窓口に預ける。手作り品は受け付けない。

 市社協ボランティア活動センターTEL079・564・0410

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ