三田

  • 印刷
アンケートへの回答を呼び掛けるチラシの一部カット
拡大
アンケートへの回答を呼び掛けるチラシの一部カット

 三田青年会議所(兵庫県三田市)は18日から、新型コロナウイルス感染症による市民の「困りごと」を調べるアンケートを実施する。集約した結果は三田市に届け、コロナ対策の施策に生かしてもらう。回答期限は24日。同会議所は「行政にしっかり声を届けるので、千人を目標に生の声を聞かせてほしい」としている。

 アンケートは、新型コロナによる影響で困っていることを回答者が具体的に書き出せるよう、設問を工夫した。困りごとの中身を「収入」「買い物」「手続きや申請」など八つに分け、それぞれどの程度困っているのかも聞く。市への要望も書き込める。

 集計結果は今月末、森哲男市長に届ける。アンケート結果を踏まえて、市が策定する今後の補正予算案などに、市民向けの支援策を盛り込んでもらうことを想定している。

 4月27日に市が専決処分した第1次補正予算では、市内の飲食店を支援する事業に市が補助することを決めた。同会議所の担当者は「同じような視点で、市の独自施策に市民の声を反映してもらえれば」とする。

 アンケート用紙は新聞各紙への折り込みのほか、若年層には会員制交流サイト(SNS)を通じて配布・回答してもらう。18日午前7時半~9時半に三田駅、同10時半~午後1時には市総合文化センター・郷の音ホール(天神1)前で、同会議所の会員らが直接アンケート用紙を手渡す。

 同会議所TEL079・562・2667(平日午前9時~午後2時)

(高見雄樹)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ