三田

  • 印刷
リング道路を彩るニセアカシア=三田市あかしあ台
拡大
リング道路を彩るニセアカシア=三田市あかしあ台

 兵庫県三田市あかしあ台、すずかけ台、けやき台、ゆりのき台を結ぶ幹線道路、通称「リング道路」沿いに連なる街路樹「ニセアカシア」の花が見頃を迎えている。ぽかぽか陽気になった12日、マスク姿の半袖ランナーも見られる中で、花も気持ち良さそうに風に揺られていた。

 「ニセアカシア」はウッディタウンに入居が始まった1987年、それぞれのまちの名前を街路樹から付けようと、あかしあ台に植えられた。蜂が蜜を集める蜜源植物で、風に揺られると甘いにおいが漂う。

 1・6キロの道に300本近くが並ぶが、近年は老朽化で倒木する恐れが生じたり、張りだした根がアスファルトをでこぼこにしたりする問題も抱えている。あかしあ台自治会の奥村芳和事務局長(72)は「今後の検討をしていく必要はあるが、住民が愛する木。今の美しい姿を見てほしい」と話す。(喜田美咲)

三田の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ