三田

  • 印刷
苔に覆われ、花の数も少ない桜=三田市藍本
拡大
苔に覆われ、花の数も少ない桜=三田市藍本
川のカーブに沿って続く桜並木
拡大
川のカーブに沿って続く桜並木

 兵庫県三田市内で桜が見頃を迎えた。ピンク色が鮮やかに野山を彩る「ソメイヨシノ」は、おおむね30年前に市内各地に植えられたとされる。人間で言うと30代は働き盛りだが、この種はちょっと病弱で、60歳ごろには枯れてしまう恐れがあるらしい。健康具合はどこで分かるのだろう。そこで樹木医の小西朋裕さん(51)に診てもらいながら歩く“お花診”巡りをしてみた。

■伸びる木には苔が生えぬ

 樹木医の小西朋裕さん(51)と三田市藍本へ。武庫川に沿って緩やかにカーブを描く桜並木は、市内でも人気スポットの一つだ。

 足を止めると、幹の表面にびっしりと苔が付いている。小西さんが「ことわざの『転がる石には苔が生えぬ』は木にも同じことが言えます」とつぶやいた。

 苔の正体は「ウメノキゴケ」。空気がきれいな場所でしか見られない無害な苔だが、成長し続けている木には付着しにくいという。つまり、「伸びる木には苔が生えぬ」ということだ。

 連載2回目で書いた通り、「粘土質の土」が原因とする。人と車が行き交う未舗装の道路脇に植わった木が多く、土が踏み固められていて、水と酸素が十分に行き届いていない状態という。

 枝にはたくさんのこぶがあり、これは冬に花の芽をうろこ状に覆っていた「芽鱗」がむけた痕跡。1年ごとの成長具合は「痕跡-痕跡」の間隔を測れば分かる。にょきにょきと伸びる枝だと一般的に20~30センチもあるというのに、木によっては1センチほどしかなかった。

 「ちなみに花の数でも健康状態が分かります」。元気な木は枝先に5~7輪の花を付けるというが、やっぱり2、3輪がちらほら。

 それでも木は今年も花を咲かせ、人々を喜ばせている。頑張っているなあ。そして、元気になってほしい、と思った。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ