三田

  • 印刷
実験の準備で車線に食紅で線を付け、磁気マーカーを埋める印を付ける作業員=三田市けやき台1
実験の準備で車線に食紅で線を付け、磁気マーカーを埋める印を付ける作業員=三田市けやき台1

 6月にウッディタウン地区で始まる中型自動運転バスの実証実験を受け、兵庫県三田市は出発式の5月30日、シンポジウム「自動運転からみる暮らしと移動の未来」を、けやき台1のウッディタウン市民センターで開く。4月1日から5月15日まで先着100人で参加を受け付ける。

 実験は2020年度に全国5カ所で行われ、自動運転の中型バスを一般道で走らせるのは県内で初めて。約6キロのコースに15カ所のバス停を設置。神姫バスが6月1日~7月10日(火曜日は運休)の午前10時~午後4時(午後0時台を除く)、毎時20分に駅を出発するダイヤで計6便を走らせる。

三田の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ