三田

  • 印刷
ぽかぽかとした日差しを受けて花見を楽しむカップル=2019年4月、三田市天神1
拡大
ぽかぽかとした日差しを受けて花見を楽しむカップル=2019年4月、三田市天神1

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県三田市観光協会が、市内の桜名所をまとめた観光マップ1万枚の作成を取りやめたことが分かった。4月に初開催を予定していた「さんだ桜まつり」の中止に合わせ、「感染の広がりを防ぐため」と説明。花見を巡っては「歩きながらの感染リスクは低い」とする専門家の指摘もあるが、危険度の高い「人の密集空間」をつくるきっかけになりかねないと判断した。(門田晋一)

 観光マップはA3判1枚の「さんだ桜マップ」。青野ダム(千丈寺湖)や藍本地区の武庫川沿いなど6カ所の名所を伝える。さんだ桜まつりは14年続いた花見散策イベント「さくら回廊ウォーク」をリニューアルした新イベントで、初開催に合わせて観光客や市民に配ろうと今年2月から準備してきた。

 だが、3月1日に西宮市で感染者が確認され、政府からイベントの自粛要請もある中で、同協会は2日にさんだ桜まつりの中止を決定。マップ配布も来年度以降に持ち越すことにした。

 その理由について、同協会はこう説明する。「マップを配れば誘客活動につながり、花見がてらに宴会をする人たちが増えると感染を拡大させかねない」。花見をするかしないかは市民の自己判断とはいえ、三田市内の感染者も2人になる中でリスクを誘発するのを回避した格好だ。

 担当者は「今年は仕方がない。来年度には発行して多くの人に三田の桜を楽しんでもらいたい」と語った。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 30℃
  • 17℃
  • 30%

  • 31℃
  • 20℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ