三田

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神姫バス(兵庫県姫路市)は5日、昨年10月に減便した三田駅と波豆川を結ぶ路線で、4月1日のダイヤ改正に合わせて増便を検討していることを明らかにした。減便で市立上野台中学校に通う生徒の通学事情が悪化し、地域住民や市が同社に復活を要請していた。一方、三田駅と小柿を結ぶ路線のうち、1日2往復を高平小学校前止めとする方針も示した。

 同社によると、午前7時台前半に波豆川を出発する便の復活を検討している。増便により、波豆川発三田行きは1日7便となる。

 同路線は利用者が少ないため昨年10月に減便したが、波豆川や木器の生徒は午前6時54分発の始発に乗らなければ始業に間に合わないことが判明。市教育委員会が12月下旬まで、タクシーと公用車で代替輸送する異例の事態となっていた。

 同社は昨年末にダイヤを再変更し、生徒が木器バス停で別のバスに乗り換えられるようにした。ただ運行を始めると、片方の路線に発生した遅延がもう一方にも波及してダイヤが混乱することがあり、市が改善を要望していた。

 一方、三田駅と小柿を結ぶ路線では、12往復のうち2往復を途中の高平小学校前止まりとする。これとは別に、同駅と高平小前を結ぶ3往復は1往復を減便。小柿まで行く便は10往復、高平小止まりが4往復となり、実質的な減便となる。

 神姫バスは「あくまで案の段階だが、地元からの強い要望があり、一度は減便したダイヤの復活を決めた。小柿線は利用実態に合わせた」としている。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(3月31日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 18℃
  • 5℃
  • 30%

  • 16℃
  • 10℃
  • 30%

  • 16℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ