三田

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 言葉がしゃべりにくかったり、耳が不自由だったりする人が簡単に119番できるようになる。兵庫県三田市消防本部は3月1日から、スマートフォンやタブレット端末から簡単な操作で、火災や救急を通報できる「NET(ネット)119緊急通報システム」の運用を始める。病院の紹介など問い合わせにも応じ、聴覚・言語障害者の暮らしの安心につなげる。2月下旬に対象となる市民に向けた説明会を開く。(高見雄樹)

 利用者がスマホから送った通報データは、データセンターに登録された利用者の名前や住所と共に、同本部の専用端末上に表示される。スマホの衛星利用測位システム(GPS)機能で通報者の位置が特定されるため、外出先から利用できるのが特長だ。従来はあらかじめ登録したファクスからの通報に限られていた。

 聴覚と言語機能に障害があり、身体障害者手帳を持つ市民355人が対象。手帳を交付されていなくても、耳が聞こえにくかったり、言葉がしゃべりにくかったりする人は同本部が個別に相談に応じる。

 情報システムのドーン(神戸市中央区)が販売するクラウド型緊急通報システムを採用した。導入費は94万円、月々の管理費が約10万円かかる。同様のシステムは県内の13自治体が導入している。

 三田市外で使う場合は、ドーンのシステムを使う神戸や西宮、丹波、明石市内なら現地の消防機関に直接通報が入る。それ以外では、三田市消防本部が通報を受け、管轄する消防機関に出動を依頼する。

 現在、ファクスによる通報サービスには43人が登録し、年間2件程度の利用がある。同本部は対象者の1~2割に当たる50人程度が、NET119に登録すると見込む。「救急の問い合わせなどにも応じるので、多くの人に登録してもらいたい」(同本部)と呼び掛ける。

 説明会は2月21、22日の午前10時と午後2時から、市役所で計4回開く。スマホに慣れていない人でも、アプリのダウンロード方法から説明する。いずれも2時間程度を予定している。市消防本部消防課TEL079・564・0119

三田の最新