三田

  • 印刷
コープこうべが運行を始めた無料の「買いもん行こカー」=三田市富士が丘2
拡大
コープこうべが運行を始めた無料の「買いもん行こカー」=三田市富士が丘2
協定を結んだ森哲男三田市長(左)と上月陽子コープこうべ理事(中央)、大沢洋一三田市社協会長=三田市富士が丘2
拡大
協定を結んだ森哲男三田市長(左)と上月陽子コープこうべ理事(中央)、大沢洋一三田市社協会長=三田市富士が丘2

 生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区)と兵庫県三田市、市社会福祉協議会は6日、住民の買い物を支援するためのまちづくり協定を結んだ。コープ三田西店(三田市富士が丘2)で同日、買い物に出掛けられない高齢者を自宅まで無料送迎するサービス「買いもん行こカー」を開始。市はこうした「買い物弱者」の外出を後押しする取り組みとして市民への周知を手伝い、社協とは独居高齢者の見守りで連携する。

 新サービスは週に1回、あらかじめ登録した時間に同店の専用車が利用者宅を回る。店から片道20分以内に住む人が対象で、ニュータウンのほかつつじが丘方面への運行も予定する。

 乗車定員は7人。月~金曜日に1日5往復し、買い物時間は約40分間となる。対象は65歳以上の組合員で、障害者や妊婦なども利用できる。1口100円を出資すれば、誰でも組合員になれる。

 8月と9月の試験運行が好評だったため、定期運行を決めた。現在は78人が登録している。

 三田市が同様の協定を結ぶのは初めて。市は自治会を通じて高齢者に利用を呼び掛けるなど、広報活動を支援する。利用者が定時に現れない時などは、社協を通じて安否確認などで連携する。

 森哲男市長は「外出支援だけでなく高齢者の見守りにもなる制度なので、市内に広げたい」と話す。

 同生協は2016年、神戸市北区の店舗で初めて導入。三田を合わせた登録者は約1300人に上る。西宮市や丹波市などの10店舗で同様のサービスを提供し、12台が稼働。20年度末までに20台に増やす方針を示している。

 買いもん行こカーで同店を訪れた男性(97)=三田市=は「これまではタクシーや電車で来ていたが、家の前まで迎えに来てくれるのはありがたい」と語った。

 同生協買い物支援統括の平井寛さん(48)は「今の高齢者は生協の発展を支えてくれた世代。住み慣れた街に、今後も住み続けたいという人を応援したい」と力を込めた。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(5月29日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 10%

  • 25℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 0%

  • 29℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ