三田

  • 印刷

 北摂情報文化懇話会(事務局・神戸新聞北摂総局)の11月例会が6日、兵庫県三田市けやき台1のザ・セレクトンプレミア神戸三田ホテルで開かれた。神戸大学大学院教授で、理化学研究所計算科学研究センター(神戸市中央区)の坪倉誠チームリーダー(50)が、スーパーコンピューター「京」の後継機「富岳」で挑戦する未来の技術について語った。要旨は次の通り。

 計算速度の単位「フロップス」は、1秒間にできる四則演算の回数を表している。私が15桁の数字の2乗を筆算で計算すると、15分以上(千秒)かかった。人間の計算速度は0・001フロップスになる。家のパソコンは0・0015秒で20億フロップス、「京」は1京(1兆の1万倍)フロップスだ。人が歩く速度をパソコンの計算速度とすると、京はロケットより速い。

三田の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 18℃
  • 2℃
  • 20%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

  • 16℃
  • 3℃
  • 0%

お知らせ