三田

  • 印刷
動画一覧へ
かっこいい髪型のドングリに見えるが、実は身に付けているのはパンツ=県立人と自然の博物館
拡大
かっこいい髪型のドングリに見えるが、実は身に付けているのはパンツ=県立人と自然の博物館
ドングリのダンスを撮影する人と自然の博物館の大平和弘研究員(右)と奥井かおり研究員=有馬富士公園休養ゾーン
拡大
ドングリのダンスを撮影する人と自然の博物館の大平和弘研究員(右)と奥井かおり研究員=有馬富士公園休養ゾーン
パンツの下にある「尻」
拡大
パンツの下にある「尻」
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 なんだか“イケメン”のドングリを見つけた。兵庫県三田市弥生が丘6の深田公園で拾うと、髪が生えていて、若者風の柔らかなパーマをかけているみたいだ。

 県立人と自然の博物館(ひとはく)に聞くと、正体はクヌギの実。公園によく植えられる落葉樹で、特に珍しい種類ではないという。ただ、「そこは、そもそも髪でも帽子でもないですよ」と植物生態学が専門の小舘誓治研究員(57)。えっ、じゃあ何なの?

 ドングリといえば、かわいい帽子をかぶったイラストが定番だが、正確には帽子ではなく、パンツになるらしい。「殻斗」と呼ばれる、おわん形の器官で、枝にくっついて栄養を送る「へその緒」のような役割を持つ管や、実が傷つかないように覆っている。脱がすと猿のお尻のような丸い出っ張りが現れ、見た目の通り、学術的な部位の呼び名も「尻」。だから、大切な尻を守るかぶり物は「パンツ」、逆に、芽吹く方が「頭」なのだと強く念押しされた。

 ひとはくは今月、ドングリの生態を正しく理解してもらおうと、2人の研究員が出演し、小舘研究員が監修した歌とダンス「ぐんぐん どんぐりこ」を完成させた。

 ねっこをだーして チョロン♪(チョロン♬)

 ふたばをひらいて パカン♪(パカン♬)

 おとなのはっぱをニョキニョキだーすーぞー♪

 秋に木から落ちたドングリは頭から根を出した後、実が割れて双葉になり、春ごろになって芽を伸ばしていく…。両手を広げて成長過程を再現するダンスを見ると、確かに頭から伸びる方が明るく元気に育つように思えてくる。

 つまり、クヌギの実を見て思った“イケメンヘア”も、正確には、ふさふさのパンツということか。なんだか暖かそう。

(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 18℃
  • 2℃
  • 20%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

  • 16℃
  • 3℃
  • 0%

お知らせ