三田

  • 印刷
電柱で大きな口を開けるコウノトリ=三田市西相野(里村さん撮影)
拡大
電柱で大きな口を開けるコウノトリ=三田市西相野(里村さん撮影)

 国の特別天然記念物コウノトリが10月31日、兵庫県三田市西相野に飛来した。写真愛好家の里村博昭さん(65)=同市=が、優雅にあぜ道を歩く姿をカメラに収めた。コウノトリの保護・増殖に取り組む県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)によると、放鳥を始めた2005年以降、三田での飛来報告は4回目で17年1月以来2年半ぶり。

 31日午後5時すぎ、仕事帰りの里村さんがローソン三田西相野店の約200メートル北の田んぼで発見。大きな羽を広げて電柱に飛び移り、あくびするように口を開けたという。

 個体識別用の足環を同公園に確認してもらうと、18年5月に県内で生まれ、同10月に朝来市の放鳥拠点から飛び立った1歳の雄だった。豊岡市や京都府京丹後市を往来し、先月30日に公園内で目撃された後、三田に向かったとみられる。

 里村さんは、豊岡でよく撮影していてすぐにコウノトリと分かったといい、「三田で幸せを運ぶ鳥を見ることができてうれしい」と喜んだ。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 18℃
  • 2℃
  • 20%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

  • 16℃
  • 3℃
  • 0%

お知らせ