三田

  • 印刷
2連覇を飾り、両手を掲げてゴールする男子・狭間のアンカー西村知隼選手=県立丹波並木道中央公園(撮影・藤森恵一郎)
2連覇を飾り、両手を掲げてゴールする男子・狭間のアンカー西村知隼選手=県立丹波並木道中央公園(撮影・藤森恵一郎)

 丹有地区中学校駅伝競走大会は23日、兵庫県立丹波並木道中央公園(同県丹波篠山市西古佐)であり、男女ともに三田勢が制した。6区間計18キロを争う男子では、狭間が2位の柏原(丹波市)と大接戦を繰り広げた末に12秒差で制して2年連続3度目の優勝をつかみ取った。3位は市島(丹波市)、4位には篠山(丹波篠山市)が食い込んだ。5区間計約12キロを争う女子は、長坂が2連覇を果たし、6度目の頂点に輝いた。5区間のうち4区間で区間賞を獲得し、後続に1分半の差を付け実力の違いを見せつけた。春日(丹波市)は2位と奮闘し、3位は柏原(同)、4位は氷上(同)が入った。男女ともに上位6校は11月16日に豊岡市で開かれる県大会に出場する。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(12月8日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ