三田

  • 印刷
力の込もった練り合わせを披露する氏子たち=三輪神社
拡大
力の込もった練り合わせを披露する氏子たち=三輪神社

 台風19号が関西に最接近してから一夜明けた13日、兵庫県三田市内の各神社で秋祭りがあった。市内に大きな被害はなく、肌寒い曇り空の下、時折小雨に見舞われながらも勇壮な布団だんじりが巡行したり、獅子舞が奉納されたりして境内は熱気に包まれた。(山脇未菜美)

 三輪神社(同市三輪3)は13日に本宮を迎え、引きだんじりや布団だんじり、みこしが次々に宮入りした。各基が競い合うように境内を動き回り、豪快に練り合わせた。

 同神社には、三輪区の「町」「地家」と呼ばれる地域に布団だんじりが各1台、「一番丁」に引きだんじり1台がある。午前10時半、これらにみこしと、子どもみこしを加えた5基が出発。長寿を意味するとされる「チョーサー」などの掛け声で三田駅周辺や市街地を巡行。道中では、担ぎ手が「さーしませ(高く上げます)」と叫んで台を突き上げ、見せ場を作った。

 午後3時半ごろに境内に戻ると、多くの見物客が拍手で出迎えた。急な坂を上って宮入りし、氏子らが力を振り絞って豪快に練り合わせると、熱気は最高潮に達した。最後にだんじりを地面に置いて豪快に回すと、拍手と歓声が沸き起こった。

三田の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ