三田

  • 印刷
オークションに出品される50メートル級はしご車(三田市提供)
拡大
オークションに出品される50メートル級はしご車(三田市提供)

 兵庫県三田市は、車両更新により昨年に引退した50メートル級のはしご車を、インターネット公官庁オークションに出品する。17日午後1時~8月1日午後2時に入札参加を受け付ける。

 はしご車はモリタ製で、1996年~18年12月に市消防本部で配備。主に中高層建物での火災に対応し、高所での救助を含めて14件の出動があった。走行距離は約1万9600キロ。水を積む機能はないが、消防ポンプ車と合わせれば放水ができるという。高所での作業に需要があると見込み、最低入札価格は30万円を予定している。

 市は昨年に消防ポンプ車をオークションに出品。予定価格(最低落札価格)30万円の3倍に当たる91万2345円で落札されており、今回も期待を寄せる。

 7月23日と30日午前10時~午後4時には、同本部(下深田)で下見会がある。下見会は要予約で19日までに同本部消防課に電話が必要。同課TEL079・564・7306、問い合わせは市契約検査課TEL079・559・5019

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(9月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ