三田

  • 印刷
水しぶきを上げながらシュートを放つ三田学園の選手=駒ケ谷運動公園
水しぶきを上げながらシュートを放つ三田学園の選手=駒ケ谷運動公園

 2019年度三田市中学校総合体育大会が30日、市内各地で開かれた。雨の影響で、予定された4競技中、サッカーのみ全試合が行われ、三田学園(兵庫県三田市)が2年ぶりの優勝を決めた。残りの3競技のうち、バスケットボールは会場の雨漏りと湿気で床が滑りやすく危険だとして、準決勝終了後に決勝の開催中止を決定。軟式野球も決勝の途中で中断し、順延となった。残りの日程は、この日全試合を取りやめたソフトテニスを含めて、7月1日に実施される。(高見雄樹)

 サッカー決勝は、三田学園とけやき台が2年連続で相対した。相手の堅い守りの隙を突く大胆な攻撃で両校とも一歩も譲らず、1-1のまま延長戦へ。一進一退の好ゲームは延長戦で三田学園が2点を挙げ、昨年の雪辱を果たした。

三田の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ