三田

  • 印刷
返却された絵本を受け取る生徒=市立図書館
拡大
返却された絵本を受け取る生徒=市立図書館

 中学2年生が地域で職業体験に取り組む「トライやる・ウィーク」が兵庫県三田市内9校で始まっている。3日には後期がスタートし、市内4中学校とひまわり特別支援学校の計479人が市内の会社や店舗、公共施設で仕事のやりがいや厳しさを学ぶ。7日まで。

 トライやる-は阪神・淡路大震災や神戸児童連続殺傷事件をきっかけに「心の教育」の充実を図ろうと、1998年度から取り組んでいる。今年は市内の242事業所が協力し、前期(5月27~31日)には4校362人が働くことの楽しさや難しさを学習した。

 この日、市立図書館(南が丘2)では長坂・八景・富士・ゆりのき台中の生徒4人を受け入れた。4人は館内を見学後に職員らの業務を体験。返却された書籍を整理する作業では「小説やエッセーは作者名で、それ以外は分類記号ごとに分けて」などとアドバイスを聞きながら、緊張した表情で棚に戻していった。

 ゆりのき台中2年の女子生徒(14)は将来本に関わる仕事に就きたいとし、「訪れた人にしっかりとあいさつして丁寧に説明する職員さんを見習いたいです」と笑顔だった。

 期間中は本の修理にも挑戦するという。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ