三田

  • 印刷
見頃を迎えたボタンザクラとシャクナゲ=花しょうぶ園
拡大
見頃を迎えたボタンザクラとシャクナゲ=花しょうぶ園

 新緑が映える山あいの観光園「花しょうぶ園」(兵庫県三田市永沢寺)で、ボタンザクラとシャクナゲが咲き誇っている。ほのかに甘い香りを漂わせ、訪れた人たちを楽しませている。見頃は8日ごろまで。

 1975年にオープンした同園は、ハナショウブやミズバショウを育てている。ボタンザクラとシャクナゲの計15本は89年ごろから栽培している。今年はいずれも大型連休に入る直前の4月25日に開花した。

 5月3日は晴天に恵まれ、多くの行楽客が頭上を覆うピンクのボタンザクラを背に写真を撮ったり、白やほのかに赤らんだ花をびっしりと付けたシャクナゲに見入ったりしていた。

 家族で訪れた神戸市立有野小学校6年の女児(11)は「さわやかな色できれいだった。神戸はもう暑いけど、三田はまだ春が続いてるんだなと思った」と笑みを浮かべた。

 園内の「ぼたん園」では早咲きのボタンの花も開き、遅咲きがこれから大輪を咲かせる。

 午前9時~午後5時。高校生以上500円、中学生以下は無料。花しょうぶ園TEL079・566・0935

(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ