三田

  • 印刷
1989年3月8日付
拡大
1989年3月8日付
【右上】運動会のリレー競走=2016年6月、富士小学校、【左】男子マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ、【右下左端】スポーツ庁の16年調査、【右下中央】運動会の組み体操。負傷からタワーの是非が社会問題に=16年5月、三田小学校、【右下右端】市教育委員会が制作した子ども向け「キッピー体操」=同、学園小学校
拡大
【右上】運動会のリレー競走=2016年6月、富士小学校、【左】男子マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ、【右下左端】スポーツ庁の16年調査、【右下中央】運動会の組み体操。負傷からタワーの是非が社会問題に=16年5月、三田小学校、【右下右端】市教育委員会が制作した子ども向け「キッピー体操」=同、学園小学校
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

■記者が紙面解説<平成元年3月8日の紙面>

 1面トップは神戸大ボート部の転覆遭難事故。大阪・淀川で練習中、突風にあおられ、船から投げ出された3人が命を落とした。事故現場近くにはOBらが鎮魂を刻んだ碑が立つ。

 運動面には女子マラソン元選手の山本佳子さんが、滝川第二高から「ダイエー入り」の記事。1990年のパリマラソンで初優勝、92年のボストンで2時間26分26秒の日本最高タイ記録(当時)をマーク。五輪出場はならなかったが、5大会連続で2時間30分突破を果たし、98年に引退した。

 三田版トップは、市教育委員会が小柿青少年野外活動センターを全面改装し、宿泊機能を備えた本格的なレクリエーション施設にすると発表。翌年に市野外活動センターが開業する。

   ◇   ◇

 運動場が世界の舞台になった。1989年3月初旬の午前5時15分、兵庫県三田市立高平小学校で第1走者が駆けだした。うまく体を傾けてカーブを回り、バトンをつなぐ。

 当時6年生は46人。その数カ月前、教諭だった松原昭雄さん(60)が言いだした。「卒業記念にみんなでフルマラソンの世界記録に挑むか」。全員でトラックを半周(100メートル)ずつ計42・195キロをつなぎ、その頃世界最高の2時間6分50秒に挑むのだという。

 現在主婦の岡村理恵さん(43)はバトンが手に触れた途端、頭が真っ白になった。「50メートル走のタイムを足すと、勝ち目はあったんです」。苦手な子には得意な子が教え、練習を重ねただけに、緊張もすごかった。

 声援が大きくなり、最終走者がゴールした瞬間を、会社員福田徹さん(42)は忘れない。「跳ね上がって万歳し、抱き合う子もいました。うれしかったなあ」

 8日付の見出しは「すごい!世界最高破ったぞ」。その差、わずか10秒-。

 平成はスポーツ界で新記録が続いた。マラソンでは高平小の実験記録も98年に更新され、いま最高のキプチョゲ(ケニア)はあと1分39秒で2時間を切る。

 一方で「子どもの運動習慣は二極化している」と松原さん。心を育むには知力に加えて体力も大切-と教え続けて今春、すずかけ台小の校長を定年退職した。

 子どもが高平小に通う岡村さん、福田さんら教え子を懐かしみ言った。「親が子へ、人が人へ、元気をつなぐ社会であってほしい」(安藤文暁)

三田の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ