三田

  • 印刷
色の変化を楽しめる御衣黄。今は黄緑色だが、徐々に赤くなる=三田市上青野
拡大
色の変化を楽しめる御衣黄。今は黄緑色だが、徐々に赤くなる=三田市上青野

 初夏の風になびく桜の花は黄緑色? 兵庫県三田市の室山保宏さん(67)宅で、一風変わった桜が咲き始めている。「御衣黄」という一種の八重桜で、室山さんは「葉と間違えそうやろ」と笑う。目を凝らすと、愛らしい姿を見せている。5月上旬まで。

 室山さんは自宅庭に、ボタンザクラやシダレザクラなど、複数の桜を植えている。知り合いの家で見た御衣黄に引かれ、6年前に植栽。今では高さ約3メートルに成長した。

 花は直径4センチほどで、貴族の衣服の「萌黄色」に似ていることから、名が付いたとされる。満開に近づくにつれて花の中心から少しずつ赤みを帯び、桜の面影が色濃くなるという。

 今年は今月23日ごろに開花した。遠くから見ると、花びらが妙に肉厚だ。室山さんは「果物みたいにも見えるやろ」と面白がった。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(9月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ