Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

広大な自然のキャンバスに多様な桜が満開 妙見山周辺

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年04月07日

  • 線路沿いを彩るさまざまな桜=川西市黒川

  • 車窓からのぞくソメイヨシノなど=川西市黒川

  • 谷あいに広がるエドヒガン=川西市黒川

 山笑う兵庫県の阪神北部-。同県川西市黒川地区で多様な桜が満開となっている。妙見山へ登る「妙見の森ケーブル」の線路沿いには濃淡入り交じった花々が並び、山中ではエドヒガンも開花。広大な自然のキャンバスに華やかな模様を描き出す。
 同ケーブルは1925年に妙見鋼索鉄道が開業。戦時中の44年に廃止となり、能勢電鉄が譲り受けた。今年で営業再開60周年だが、新型コロナウイルスの影響で記念イベントなどは取りやめとなっている。
 黒川-山上駅(666メートル)を結ぶケーブルカーも密集を避けるため定員を大幅に減らすなどして運行。線路周辺にはソメイヨシノやエドヒガン、ヤマザクラなど300本以上が植わり、車窓からの景色を華やかに演出する。山上駅から10分ほど歩くと、群落地として県レッドデータブックのBランクに指定されるエドヒガンも自生し、計約30本が見ごろだ。
 能勢電鉄によると、緊急事態宣言が出れば、減便や運行中止を検討する場合もあるという。(風斗雅博)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ