Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

「百日紅」の異名もあるサルスベリ 小野で見ごろ

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年09月18日

  • 白い花を付ける珍しい木も=小野クリーンセンター

  • ピンクの花が見頃となっているサルスベリ=小野クリーンセンター

 7~9月と長い間咲くことから「百日紅」の異名もあるサルスベリの花が、兵庫県小野市天神町の小野クリーンセンターで、訪れる人の目を楽しませている。
 ミソハギ科で、中国南部から江戸時代に渡来したとされる。幹の肌がつるつるしていて猿でも滑って登れないことから名付けられた。夏の盛りから秋風の吹くころまで花期が長いのが特徴だ。
 同センター内のテニスコート脇などには大小16本が並び、最も高い木は6メートルほど。白い花を付ける木もあり、青空の下でピンクと白の花が競演している。(笠原次郎)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ