Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

ピッコロ劇団公演「銭げば!」

ツイート facebook シェア Google Plus

2019年05月24日~2019年06月02日

尼崎市|ピッコロシアター

  • 公演への意気込みを語る孫高宏さん(左)と木之下由香さん=尼崎市、ピッコロシアター

  • 県立ピッコロ劇団「銭げば!」の稽古風景=尼崎市、ピッコロシアター

喜劇「守銭奴」を関西弁で上演

 フランスの劇作家モリエールの喜劇「守銭奴」を関西弁で上演する舞台「銭げば!」が24日~6月2日、兵庫県尼崎市南塚口町3のピッコロシアターである。兵庫県立ピッコロ劇団の公演で、台本と演出は劇団「空晴(からっぱれ)」の岡部尚子さん(加古川市出身)が担当。公演を企画し、今回は主演も務める孫(そん)高宏さんは「ピッコロで、ここまでコテコテの喜劇をやるのは初めて」と意気込む。

 主人公のアルパゴンは、金に異常な執着を見せて周囲を困らせていた。息子と娘にはそれぞれ恋人がいるが、結婚話を進められないほどだ。ある日、アルパゴンのため込んだ大金が盗まれ、家の中は大騒ぎに…。

 「お前、もしかして、わしが家に金を隠してるなんてうわさ流してないやろな」「わしが金持ち!? は? 誰やそんな嘘言うやつは。いらんことばっかり言うて、しょーもない! どこのどいつやっ」-。

 話の取り違えや勘違いから生まれる笑い、という喜劇のセオリーを押さえたフランスの古典を、軽妙な会話劇を得意とする岡部さんがテンポ良くまとめた。舞台には三方向にひな壇を設け、出番以外の役者を待機させるなど演出面にも工夫を凝らす。

 孫さんは、今年創設25周年を迎えるピッコロ劇団設立時からの団員。「ピッコロは幅広いタイプの作品を上演するけど、今回は喜劇がやりたかった。岡部さんはコメディーの作り方を知っているし、関西弁も切れがいい」と信頼を寄せる。

 アルパゴンについて「金への病的な執着を持つ人間の末路はむなしく不毛で、現代にも通じそう」と評する。一方で「コメディーとして、舞台では金に執着するさまを際立たせたい」と意欲を見せる。

 娘エリーズを演じる木之下由香さんは伊丹市出身、入団6年目の若手。以前から空晴の作品が大好きだったといい、「テンポが速いお芝居で、稽古が終わったらへとへと。もう毎日が挑戦です」と、充実した笑顔を浮かべた。

 24日午後7時、25日午後3時、26日午後2時、31日、6月1日午後3時、2日午後2時開演。3500円、大学生・専門学校生2500円、高校生以下2千円。ピッコロシアターTEL06・6426・1940(溝田幸弘)

INFORMATION

イベント名
ピッコロ劇団公演「銭げば!」
開催期間
2019年05月24日~2019年06月02日
開催時間
14時、19時など
開催場所
ピッコロシアター
住所尼崎市南塚口町3
アクセス
JR塚口駅から徒歩約5分
料金
3500円、大学生・専門学校生2500円、高校生以下2千円
電話番号
TEL06・6426・1940(ピッコロシアター)
URL
http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/

地図を見る

更新日:2019/05/18

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ