三木

  • 印刷
貸し出し用にまとめた本=三木北高校
拡大
貸し出し用にまとめた本=三木北高校

 三木北高校(兵庫県三木市志染町青山6)は29日から、市民に蔵書を貸し出す「読書応援プロジェクト」をスタートさせる。新型コロナウイルス感染症の影響で自宅で過ごす時間が多くなったことから、「心の栄養」を届けようと毎月最終週の金曜日に開催する。

 同校には、かつての読書推進活動でそろえた本が約50種類、約2千冊ある。司書室で保管してきたが、近年は活用する機会もなく、処分も検討していた。

 蔵書の活用は、感染症の影響で生活様式が変わる中、読書で心を癒やしてもらおうと同校職員が企画。夏目漱石の「こころ」やカフカの「変身」などの名著10冊を1セットとし、6種類から選べるようにした。

 貸出日には、持ち帰り用の袋を持参してもらい、正午~午後1時に同校玄関付近で申込書を受け付け、管理用カードと本を渡す。原則1カ月後の開催日に返却してもらう。

 一度に貸す本は蔵書の半数とし、本は返却後1冊ずつ消毒して次回の貸出日に備える。田中良季教頭は「ステイホームのお供に活用してもらえたらうれしい」と話していた。三木北高校TEL0794・85・6781

(大橋凜太郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ