三木

  • 印刷
たいまつを柱にたたきつける鬼=蓮花寺
拡大
たいまつを柱にたたきつける鬼=蓮花寺

 平和と豊作を願う「鬼踊り」(追儺式)が2日、兵庫県三木市口吉川町の蓮花寺であった。たいまつを手にした大鬼が勇壮に踊り、詰め掛けた写真愛好家がたて続けにシャッターを切った。

 平安末期に始まったとされる伝統行事で、市の無形民俗文化財に指定されている。中断と復活の歴史を経て、現在は毎年2月の第1日曜に営んでいる。

 大般若経600巻の転読法要では、鬼踊りの奉納者や参拝者らの開運厄よけと所願成就を祈り、踊りに使う道具を清めた。続いて大鬼と子鬼が「鎮守堂」に参拝し、いよいよ本堂へ。12種類の踊りを披露する中、大鬼は手にしたたいまつを柱にたたきつけて火を消した。

 熱を帯びたままの木片を大鬼が観衆の頭上に向かって投げると、厄をはらうお守りにしようと人々がこぞって拾い集めた。天井につるした桜の枝を取り合う「花取り」や、紅白の餅まきもあった。

 たいまつの木片を8本も拾った男性会社員(50)=三木市=は「両親や友人の親にも分けて、みんなで幸せになりたい」と願っていた。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(4月3日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ