三木

  • 印刷
リンゴ農園で回収作業に参加する高校生ら=2019年12月、長野市(提供)
リンゴ農園で回収作業に参加する高校生ら=2019年12月、長野市(提供)

 昨年10月に起きた台風19号の被災地を支援しようと、兵庫県三木市の中高生ら延べ約30人が先月までに、千曲川の堤防が決壊した長野市を4度にわたって訪れた。家屋の泥かきや避難所の運営支援、農園のリンゴ回収といった作業に精力的に取り組んだ。(井川朋宏)

 参加したのは防災団体「みきジュニア防災クラブ」の代表の又吉健二さん(63)=三木市=ら。約500キロ離れた長野市には、又吉さんら引率者がワゴン車を運転して移動。基本的に1日活動して1泊した後、翌朝に帰路に就いた。2回目以降は、兵庫県のボランティア支援制度を活用し、宿泊費などを助成金で賄った。

三木の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ