三木

  • 印刷
個性が光る作品が楽しめる企画展=堀光美術館
拡大
個性が光る作品が楽しめる企画展=堀光美術館

 兵庫県三木市の作家を中心とした「グループしぶがき」による企画展が、同市上の丸町の堀光美術館で開かれている。メンバー20人が、油彩や書など約60点を出品している。22日まで。

 同グループは約50年前、三木高校美術部の出身者らで結成。グループ名には「十分に育っていない青い枝には可能性が宿る。いつかは甘い柿に」との思いが込められている。アイドルグループ「シブがき隊」から着想したと勘違いされることもあるが、10年ほど先取りして命名している。

 メンバーはスケッチ旅行や食事会で親睦を深め、ほぼ毎年開く展示会は今回で第44回を数える。会場には母子の愛情を表現した日本画や静物を描いた油彩のほか、茶器に入れた墨を色紙に落とした意欲作もある。

 代表の松沢実さん(69)=三木市=は「あまり難しいことを考えず、見る人の主観で楽しんでほしい。希望者はグループへの参加もどうぞ」と話している。

 2階展示室では、メンバーの写真家、大崎真之介さんと和泉厚さんが抽象・具象の作品約30点を出展している。

 午前10時~午後5時(22日は午後4時まで)。16日休館。入場無料。堀光美術館TEL0794・82・9945

(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(1月21日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 8℃
  • 5℃
  • 50%

  • 11℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ