三木

  • 印刷
号砲を合図に一斉に駆けだす男子1区の選手=加西市両月町、善防中学校
拡大
号砲を合図に一斉に駆けだす男子1区の選手=加西市両月町、善防中学校

 第50回北播中学校駅伝競走大会(神戸新聞社後援)が14日、兵庫県加西市両月町の善防中学校周辺コースで開かれた。男子(6区15キロ)は三木東が49分37秒で3連覇を達成。女子(5区12・5キロ)は自由が丘が45分35秒で24年ぶりの優勝を果たした。

 男子の三木東は、3人が2・5キロを7分台で走って区間1位を勝ち取り、安定感のあるレースを展開した。6区の上村郁斗さん(3年)は「中盤からはしんどかったけれど、練習を重ねた分、タイムとして結果に出た。(東播地区大会を経て)県大会出場に向けさらに気を引き締めたい」と意欲を見せた。

 1位でゴールテープを切った後、仲間と喜び合った女子自由が丘の5区森下花さん(2年)は「4位だった昨年、3位とは僅差だった。それから、掛け声を積極的に出していこうと決め、チームがポジティブになれたと思う」と振り返った。(長嶺麻子)

三木の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ