三木

  • 印刷
大勢の担ぎ手に支えられ、末広がりの扇子が代名詞の全末広屋台=2018年10月、大宮八幡宮
拡大
大勢の担ぎ手に支えられ、末広がりの扇子が代名詞の全末広屋台=2018年10月、大宮八幡宮
鳥居をくぐる下町の屋台=2018年10月、大宮八幡宮
拡大
鳥居をくぐる下町の屋台=2018年10月、大宮八幡宮

 トン、トトン…。薄暮の城下町を、夕げの香りと太鼓の音が包む。秋祭りの季節が到来した兵庫県三木市内の各地区で練習に熱が入る。

 播州三大祭りの一つとうたわれる大宮八幡宮(三木市本町2)の秋祭りも、いよいよ12日に夜宮を迎える。急勾配の石段を登って宮入りする姿は勇壮で美しい。屋台愛好家の横山隆史さん(71)=三木市=らに話を聞き、8台を紹介する。(井川朋宏、大橋凜太郎)

■播州有数の規模を誇る鳴り太鼓<全末広>

 2002年に新調された全末広屋台は、本体がケヤキ製で幅3・3メートル、平屋根で高さ4メートル超と存在感がある。中でも鳴り太鼓は、面が直径3尺(約90センチ)と播州有数の規模を誇り、町中に迫力ある音色をとどろかせる。

 旧屋台は1928年、姫路・妻鹿地区から購入し、70年余り使用した。現屋台の布団屋根には四神の一つ、あうんの玄武各1対を飾り、地区の象徴である末広がりの扇子が輝きを放つ。

 狭間彫刻は、市内で初めて三木合戦が題材となっている。三木城付近で馬に乗る城主別所長治、平井山本陣で羽柴秀吉と軍師竹中半兵衛が戦略を練る姿などが描かれる。

 水引幕は、安芸・宮島の弁財天が竜に乗って現れ、平清盛の威勢をくじく場面がまばゆい金糸で刺しゅうされている。ちょうちんには、滋賀県の景勝地・近江八景が浮かび上がる。

 屋台責任者の森崇さん(44)=三木市=は「若い子が多くて活気も勢いもあり、毎年一丸となって担いでいる」と力強く語る。

■最大、総重量は2トン超<下町>

 最大にして最重量。太鼓のたたき手や子どもが乗ると、総重量は2トンを超える。白と黒の綱はそれぞれ太陽と月を表し、「ふんどし屋根」と呼ばれる反り屋根が特徴だ。屋根の先が大宮八幡宮(三木市本町2)の鳥居に当たるため、例年屋台を引きずりながらの宮入りとなる。

 重心が高い構造で、一度バランスを崩すと立て直すのが難しい。屋台を落として怒号が飛び交う中で石段を登ることになり、一部を傷めながらも一段一段歩みを進めていく。鳴り太鼓は石川県の和太鼓メーカーが手掛けたもので、その重低音に魅了される人も多いという。

 屋台の運行調整役である「大当番」の総責任者、広田篤生さん(62)=三木市=は「担ぎ方は荒々しいが、時に流れるような美しい動きを見せ、ドキッとさせられる」と魅力を語る。一方で、担ぎ手のけがや屋台の修理が付きものといい、「けが人を出さずに安全に運行できるのが一番」と願っていた。

三木の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ