三木

  • 印刷
柔軟性や瞬発力などの体力測定に参加した市民ら=三木市総合保健福祉センター
拡大
柔軟性や瞬発力などの体力測定に参加した市民ら=三木市総合保健福祉センター

 市民の健康意識向上を図る体験型の催し「健康づくりの集い」が1日、兵庫県三木市大塚1の総合保健福祉センターで開かれた。親子連れや中高年代の市民らが訪れ、体力測定などで自身の状態をチェックしていた。

 同市が毎年主催。体力測定では、参加者が次々と垂直跳びや握力、肺活量などを試し、体力年齢や体力のバランスが結果で示された。手の指をかざすことで貧血の有無を調べたり、専用機器で肌年齢を測ったりするコーナーも人気だった。

 スタンプラリーでは、トマトやほうれん草など緑黄色野菜の種類や、大人の歯の本数(32本)を選ぶクイズも設けられ、回答者には日用品が贈られた。

 体力測定で多くの項目が平均以上だった広野小学校4年の男児(10)=三木市=は「跳ぶのが楽しくて、数値も思ったより良くてうれしい」と喜んだ。一方、柔軟性などの課題が分かった母(42)は「ショックだったのでこれから家でストレッチをするよう心掛けたい」と話した。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ