神戸

  • 印刷
動画一覧へ
海に入って稽古する参加者ら=須磨海岸
拡大
海に入って稽古する参加者ら=須磨海岸

 神戸市須磨区の須磨海岸で12日、神戸を拠点に活動する空手の「河田派糸東流・正空会」による寒稽古が行われた。幼児から70代までの男女約100人が参加。海に入り、寒さに耐えながら拳を突き出した。

 同会の恒例行事で57回目。時折小雨がぱらつく中、鉢巻きを巻いた参加者らは砂浜の上でランニングや稽古で念入りに準備をしてから、いよいよ海へ。冷たい海水に足が触れると、思わず叫び声を上げる子どもたちも。それでも家族らが見守る中、膝近くまで海水につかりながら前に向かって突きを繰り返し「えい、えい」と声を出していた。

 親和中2年の女子生徒(13)=同市東灘区=は「水が冷たかったけど、心と体を鍛えることができた。去年は大会に出られなかったので、今年は出て優勝したい」と笑顔で話していた。(川村岳也)

神戸の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ