神戸

  • 印刷
放水訓練を行う有馬支団の女性消防団員=神戸市北区有馬町
拡大
放水訓練を行う有馬支団の女性消防団員=神戸市北区有馬町

 市民防災総合センター(神戸市北区ひよどり北町3)で10日開かれる神戸市消防団の操法大会に、北消防団有馬支団から女性だけのチームが出場する。20年前から消防寸劇など“後方支援”で防火を訴えてきた女性たちが、重いホースを持って訓練に励んでいる。

 大会は隔年開催で、市内の10消防団約4千人から5人編成の23チームが参加する。ホース3本を接続し、70メートル先の標的に放水する速さと正確性を競う。これまでの参加者はほとんどが男性で、団員55人中11人が女性という同支団も例外ではなかった。

 2年前の大会終了後、20年前から団員を務める増田裕子さん(46)が「やってみよか」と軽い気持ちで仲間に相談。中学時代に都道府県対抗女子駅伝にも出場した一ツ家由紀代さん(45)ら有馬在住、在勤で「元気」自慢の30~40代女性5人が春から練習を始めた。

 当初は大きな声が出ず、動きもそろわず、放水の勢いに負けていたが、男性団員や消防署員のアドバイスも受けて毎週、夜に集まって練習を続けてきた。

 選手宣誓もする予定の増田さんは「最初は不安しかなかったけど、5人そろってできるところを見せたい」と意気込む。

 同大会には東灘区の住吉第1分団も、5人中4人が女性で編成するチームで出場予定となっている。(大山伸一郎)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 70%

  • 17℃
  • 8℃
  • 70%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 50%

お知らせ