神戸

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
キャベツ畑と新旧市街地=神戸市西区平野町付近から西神中央方面をのぞむ(撮影・藤原 学)
拡大
キャベツ畑と新旧市街地=神戸市西区平野町付近から西神中央方面をのぞむ(撮影・藤原 学)

 神戸市営地下鉄の三宮駅から西神・山手線に乗車する。西へ約20分。総合運動公園駅を過ぎ、車両は「地下」ではなく、「空の下」を走る。ここからが神戸市西区の始まりだ。(村上晃宏)

■住都・最多24万人

 1982年、「緑と太陽のまち」をキャッチフレーズに垂水区から分区して誕生した西区。面積は約138平方キロと、市域の約4分の1を占め、北区に次ぐ、2番目の広さだ。

 発足当時、旧明石郡7町(伊川谷、櫨谷、押部谷、玉津、平野、神出、岩岡)の人口は約9万4千人だったが、ニュータウン(西神中央、西神南、学園都市)など新興住宅地の開発が進み、現在は約24万2千人と市内最多を誇る。

■農都・政令市1位

 意外に知られていないが、神戸市の面積の約6割は市街化調整区域で、市域全体の約1割を農地が占める。

 西区は農業人口、耕地面積ともに市内最大で、稲作や野菜のほか、果樹(ブドウ、柿、梨、いちじく、イチゴ)や花卉(ビオラ、パンジー、トルコギキョウ、ストック、レンゲ、カーネーション)も盛んだ。100万人を超える政令指定都市の中で最も農業産出額が多い。貸農園や観光農園も楽しめる。

■工都・四つの工業団地

 神戸の工業をリードする先端型技術、研究開発施設、物流拠点などの集積地でもある。

 区内には、神戸テクノ・ロジスティックパーク▽神戸サイエンスパーク▽神戸ハイテクパーク▽西神インダストリアルパーク-の4エリアの工業団地が広がる。

 西神インダストリアルパークは、日本で最初の職住近接型の大型工業団地として整備され、計画面積は区内最大の275ヘクタールを誇る。

■学都・6大学集積

 学園都市には、兵庫県立大学、神戸市外国語大学、神戸芸術工科大学、神戸市看護大学、流通科学大学が、伊川谷町には神戸学院大学があり、六つの大学が集まる学都。この6大学に通う学生総数(別キャンパス含む)は約2万人に上る。

神戸の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 70%

  • 17℃
  • 8℃
  • 70%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 50%

お知らせ