神戸

  • 印刷
コトノハコ神戸のロゴマーク
拡大
コトノハコ神戸のロゴマーク

 コーヒー生豆の専門商社「ボルカフェ」(神戸市中央区)が厳選した14カ国のコーヒーを、来場者に飲み比べてもらう「ボルカフェ・コーヒー・エクスポ」が15~17日、JR新神戸駅直結の体験型商業施設「コトノハコ神戸」(同区北野町1)で開かれる。

 同社はコーヒー生豆貿易・卸売り世界大手、スイスのボルカフェグループの日本法人。1919年に大阪で設立され、2010年に神戸に移転した。創業100周年を記念し、消費者向けイベントを企画した。

 同社が選んだのは、ブラジルやコロンビアをはじめ、タンザニア、ウガンダ、イエメンなど14カ国のコーヒー豆。神戸など14の自家焙煎業者が、それぞれの産地の特徴を引き立てる焙煎や抽出をして来場者にふるまう。同社が提供するコーヒー豆の相当額を、神戸・ポートアイランドの小児がん専門施設「チャイルド・ケモ・ハウス」に寄付するという。

 同社の広池正道社長は「なじみのない国のコーヒーも味わえる、他にはない機会。コーヒー文化発祥の地・神戸で魅力を伝えたい」と話す。午前10時~午後5時(15日は正午~午後8時)。コーヒーチケットは3杯分で1000円。オリジナルグッズ付きの前売り券もある。日本コーヒーフェスティバル実行委員会TEL090・1140・5675

(石沢菜々子)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 70%

  • 17℃
  • 8℃
  • 70%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 50%

お知らせ