神戸

  • 印刷
ゾウを模した着ぐるみの周りで遊ぶ子どもたち=神戸市中央区諏訪山町
拡大
ゾウを模した着ぐるみの周りで遊ぶ子どもたち=神戸市中央区諏訪山町

 かつて動物園があった神戸市中央区の諏訪山公園で、アート作品の展示などで動物園を復活させ、歴史を振り返る催し「諏訪山どうぶつえんアートぷろじぇくと」が2日、始まった。

 地域住民やアーティストでつくる「諏訪山森の会」が主催。諏訪山動物園は1928年~51年に営業し、現在の王子動物園に引き継がれた。当時の様子を知る世代の人と子どもたちをつなげ、歴史を後世に伝えようと企画した。

 ゾウの着ぐるみやキリンの巨大な絵画などが展示され、子どもたちは興味深そうに近づいて眺めていた。女児(4)は「王子動物園は行ったことがあるけど、ここにも動物園があったなんてびっくり」と話していた。

 4日まで。3日は工作教室などワークショップがある。午前10時~午後4時(4日は正午から)。(太中麻美)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 18℃
  • 2℃
  • 20%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

  • 16℃
  • 3℃
  • 0%

お知らせ