神戸

  • 印刷
集会室で手話を学び、あいさつを交わす住民ら=神戸市須磨区小寺町3
集会室で手話を学び、あいさつを交わす住民ら=神戸市須磨区小寺町3

 「この夏、神戸市須磨区の団地で、聴覚障害がある高齢女性を支えようと隣人が結束した事例がありました」。私のもとへ届いた1通のメール。高齢化が進む団地で、女性を孤立させないよう、近隣住民らが手話を学び始めた、とある。「今は手話であいさつを交わされています。一度、見に来ませんか?」

 市営住宅「須磨小寺住宅」(同市須磨区小寺町3)。集会室を訪ねると住民ら約10人が集まっていた。自治会長を務める植田欣也さん(83)によると現在、140室に約240人が入居し、うち65歳以上の高齢者が8割近くを占めるという。聴覚障害のある田中道子さん(85)=仮名=もその1人だ。

神戸の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ