神戸

  • 印刷
一斉にスタートする選手たち=三木総合防災公園陸上競技場
一斉にスタートする選手たち=三木総合防災公園陸上競技場

 男子第74回、女子第36回兵庫県高校駅伝競走大会(神戸新聞社後援)の神戸地区予選が19日、同県三木市の三木総合防災公園陸上競技場で開かれた。須磨学園が男女ともに優勝を飾り、男子15連覇、女子29連覇と圧倒的な強さを見せた。男子は27校(オープン参加含む)のうち、上位8校、女子は24校(同)のうち上位6校が、それぞれ県大会(11月10日・篠山市)へ出場する。(西竹唯太朗)

 男子(7区間42・195キロ)は、須磨学園が全区間で1位となり、2区の林田蒼生選手(1年)は同予選の区間新記録をマークした。林田選手は「個人記録も大事だけど、まずはチームに貢献できる走りを心掛けた」と語った。

神戸の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ