神戸

  • 印刷
稲刈りをする児童たち=北区山田町藍那
拡大
稲刈りをする児童たち=北区山田町藍那

 神戸市北区山田町藍那にある小規模特認校、藍那小学校の児童らが育てた稲が、収穫の日を迎えた。近くに借りている約2100平方メートルの田んぼは一面黄金色に染まり、1~6年生の児童34人が、鎌を使って丁寧に刈り取っていった。

 農業や自然に触れ、食べ物への感謝の気持ちを育みながら、地域との交流を図ろうと毎年実施している。児童たちは地域住民らの協力のもと、6月に田植えを行った。例年より9月の降水量が少なかったことや、一部イノシシやスズメに食べられる被害が出るなどしたが、無事に育った。

 2日に行われた稲刈りでは、住民らに鎌の使い方を教わりながら刈っていき、両手一杯に抱えた稲を一緒に参加した保護者が束ねていった。刈り取った稲は、脱穀、精米し、給食で提供されるという。

 5年生の男児(10)は「鎌を使った収穫は楽しい。お米を給食で食べるのが楽しみ」と笑顔で話した。(喜田美咲)

神戸の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ