神戸

  • 印刷
みのたにグリーンスポーツホテル全景=神戸市北区山田町原野
拡大
みのたにグリーンスポーツホテル全景=神戸市北区山田町原野
バーベキュー場を紹介する森脇暉さん=神戸市北区山田町原野
拡大
バーベキュー場を紹介する森脇暉さん=神戸市北区山田町原野
尾上部屋の稽古の様子=神戸市北区山田町原野
拡大
尾上部屋の稽古の様子=神戸市北区山田町原野

 昼は里山の豊かな自然を満喫。夜は多くの星が輝く空を眺める。運が良ければ眼下に雲海を見ることができる日も。「みのたにグリーンスポーツホテル」(神戸市北区山田町原野)。甲子園球場8・5個分の約33万平方メートルの敷地には、テニスコート9面、野球場などがあり、美肌効果があるとされる温泉も人気を集める。未整備エリアにバーベキュー施設を造ったり、畑を整備したりする「谷上天空プロジェクト」が8月にスタート。山田の郷の新たなランドマークとして注目される。(喜田美咲)

 「10万坪の大自然をみんなで開拓!」をキャッチフレーズに、プロジェクトを手掛けるのは、北区で地方創生事業を行う「レストレーション」経営の森脇暉さん(28)。ホテルとコラボし、ステーキやシーフードが楽しめるバーベキュー施設をオープンさせた。今後は荒野を開拓し、オーガニックの野菜を育てる畑などを作っていく計画を練る。

 9月末まで100万円を目標にインターネットで資金を募る「クラウドファンディング」を実施中で、13日現在、99万円が集まった。達成できれば、大自然を生かした釣り堀やカブトムシの飼育場の整備、完成披露パーティーの資金に充てる予定だ。

 森脇さんは「谷上や箕谷を愛する地域の人や、ホテルの利用客らと意見を出し合い、自分たちの『あったらいいな』を実現できる場所にできれば」と力を込める。

   □   □

 プロジェクト名にもあるように、前面に打ち出すのは「天空」。標高280メートルに建つホテルからは、山田の郷が一望できる。また、ラジウム・ラドンと呼ばれる珍しい泉質で、美肌効果があるとされる「銀河の湯」では、冬場の早朝、露天風呂から雲海が見られることもあるといい、「天空温泉」とも呼ばれている。

 船員保険総合福祉センターとして1971年に開業した同ホテル。豊富なスポーツ施設を一般に開放し、再出発した2015年以降、兵庫県内外の学生やスポーツ団体など利用者の裾野は広がった。周囲の山へのトレッキングに出掛ける宿泊者も増えている。土俵も整備し、4年前から日本相撲協会の尾上部屋が春場所(3月、大阪)の宿舎として利用するようになった。

 同ホテルの乙間久穂マネジャー(45)は「都心から近く、日帰りでも利用できるアクセスの良さが強み。大自然、スポーツ、バーべキュー…。それぞれの過ごし方を楽しんで」と話す。

神戸の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ