神戸

  • 印刷
「シングルマザーや離婚直後の女性が安心できる住まいを」と話すスタッフ=神戸市内
「シングルマザーや離婚直後の女性が安心できる住まいを」と話すスタッフ=神戸市内

 離婚直後やドメスティック・バイオレンス(DV)から逃げた女性、シングルマザーを支援しようと、NPO法人ウィメンズネット・こうべ(神戸市)が、国交省の補助事業を利用した母子家庭向け居住支援を始めた。日本賃貸住宅管理協会の2015年調査では、ひとり親家庭は入居拒否リストの第5位。「母親が落ち着いて暮らせなければ子どもも落ち着かない。居住支援は、子どもも救うことになる」と訴える。

 同法人はこれまでも、シングルマザーやDV被害者が不動産屋に行く際に付き添うなど支援してきたが、「所持金も仕事も保証人もおらず、入居を断られて行き場を無くす女性が少なくない」と担当の田代美代子さん。特にDV被害者には、精神的に不安定で不動産屋での説明が要領を得ず「信頼できない」と判断されるケースもあったという。

神戸の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ