神戸

  • 印刷
長さ約20メートルの松が60度ほど傾いている=神戸市北区山田町下谷上、再度公園内
拡大
長さ約20メートルの松が60度ほど傾いている=神戸市北区山田町下谷上、再度公園内

 雨ニモマケズ、風ニモマケズ…。この木を見つけた時、宮沢賢治の有名な詩が浮かんだ。

 神戸市北区山田町下谷上の再度公園内にあるマツの木。長さは20メートルほどで、周りのほとんどのマツが真っすぐ育っているのに、この1本だけが60度ほどに傾いている。

 「災害か何かで、倒れかかったのでしょうか」。公園を管理している森林整備事務所に尋ねてみると、「確かに不安になる傾きですが…」と栗山明久所長(56)。「でも、倒れてません。この木が長い年月風雨を耐え抜いた証しでしょう」と笑う。

 どんな天災にも負けず倒れないマツ。「私も社会の荒波に負けない人間になりたい!」。六甲山の山中で自身に硬く誓い山を下りた。(長沢伸一)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ