神戸

  • 印刷
地下鉄海岸線を舞台にした動画に出演したBMX世界王者の内野洋平さん(右)とディレクターの牧賢治さん=神戸市役所
拡大
地下鉄海岸線を舞台にした動画に出演したBMX世界王者の内野洋平さん(右)とディレクターの牧賢治さん=神戸市役所
動画の一場面
拡大
動画の一場面
動画の一場面
拡大
動画の一場面

 神戸市のPR動画「GOD DOOR」の第4弾が公開された。市営地下鉄海岸線を舞台に、自転車競技BMXの世界王者、内野洋平さん(36)=同市東灘区出身=がひったくり犯と迫力満点の追走劇を繰り広げる。(長谷部崇)

 「GOD(神) DOOR(戸)」で「神戸」の意味。これまでにLED(発光ダイオード)アーティストや女性ギタリストらが出演し、斬新な映像を通じて神戸の魅力を伝えている。全4部作で、市は100万再生を目標に掲げ、すでに公開した3作の合計再生回数は約62万回。

 第4弾は、夜のみなとのもり公園(同市中央区)で、内野さんが観衆に華麗なトリック(技)を披露する場面から幕開け。仲間の一人がバッグをひったくられ、内野さんがBMXで追いかける-という筋書きだ。

 バイクを乗り捨て、地下鉄の駅構内に逃げ込む犯人を追い、内野さんはBMXに乗ったまま改札を飛び越え、線路上や車両内を疾走。地下鉄のシーンは終電後などに徹夜で撮ったという。

 4部作の監督を務めるディレクターの牧賢治さん(39)=同市西区出身=は当初、CG(コンピューターグラフィックス)を使う撮影を提示したが、「リアルなものがやりたい」という内野さんの意向を受け、地下鉄でロケする案が生まれたという。「地下鉄の線路をBMXで走る映像は世界初では」と内野さん。「過酷な撮影だったが、世界中でシェアされていい作品」と話す。

 動画は約5分。後半は「神戸のストリート」をテーマに内野さんがおすすめスポットを紹介する。「GOD DOOR」の特設ウェブサイトで視聴できる。

神戸の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ