神戸

  • 印刷
季節の野菜が並ぶ店内=きたこフレンズファーム
拡大
季節の野菜が並ぶ店内=きたこフレンズファーム

 都市近郊農業が盛んな神戸市西区神出町宝勢で、農産物直売所「きたこフレンズファーム」がオープンした。新鮮な野菜や花を販売するほか、地域住民の交流拠点にもなる。

 地域住民らが3月末に完成させ、売り場面積は約40平方メートル。近くの農家約40人が登録し、旬の作物を出荷する。

 13日は朝から住民ら約20人が列を作り、開店とともに店内へ。葉物野菜やトマト、レタスなど、ほとんどが100円台の野菜で買い物かごをいっぱいにした。

 萩原秋男店長(72)によると店の周辺は小規模の兼業農家が多く、収穫物はほとんどを親戚や知り合いに譲っていた。「店ができ、小ロットの野菜でも販売できるようになった。元はただで譲っていたので、採算は度外視やね」と笑う。

 近くに住む主婦(62)は毎週のように訪れるといい、「スーパーの半額以下。自然酵母のフランスパンもお気に入りです」とにっこり。中身がぎっしり詰まった買い物袋を手に、店を後にした。

 営業は土日のみ。午前9時~11時。(伊田雄馬)

神戸の最新
もっと見る

天気(6月16日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ