神戸

  • 印刷
大根のかつらむきに挑戦する参加者=あいな里山公園
拡大
大根のかつらむきに挑戦する参加者=あいな里山公園

 旬を迎えている大根の収穫や味を体験できる「大根まつり」が10日、あいな里山公園(神戸市北区山田町藍那)で始まった。親子連れらが畑の中から力いっぱい引き抜くなど楽しんだ。16、17日も開かれる。(鈴木雅之)

 同公園では、約300平方メートルの畑で大根を栽培。来園者にも冬の味覚を楽しんでもらおうと初めて企画した。

 かまどで炊いた煮物などが振る舞われ、小雪もちらつく寒さの中、参加者は白い湯気が立つ大根を味わっていた。包丁でむいた皮の長さを競うかつらむき大会もあり、約1・5メートルで優勝した加古川市の男性(35)は「今夜はおろしにしてみぞれ鍋にしたい」と笑顔だった。

 11日は旧暦の1月7日に当たり、午前11時から大根を使った七草がゆの振る舞いがある。

 いずれも無料(入園料は必要)。あいな里山公園TEL078・591・8000

神戸の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 40%

  • 34℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ