ひょうご経済プラスTOP 経済 竹本成徳氏死去 コープこうべ理事長など歴任

経済

竹本成徳氏死去 コープこうべ理事長など歴任

2020.04.04
  • 印刷
竹本成徳氏(2014年撮影)

竹本成徳氏(2014年撮影)

 生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区)理事長や日本生活協同組合連合会会長などを歴任した竹本成徳(たけもと・しげのり)氏が1日午後3時50分、病気のため死去した。88歳。広島市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

 1954(昭和29)年、同志社大法学部卒。同大生活協同組合専務理事を経て、57年に神戸生活協同組合(現コープこうべ)入所。89年から組合長、93年から2001年には理事長を務め、阪神・淡路大震災からの復旧に陣頭指揮を執った。

 全国の生協が加盟する日本生協連では、93年から03年まで会長を務め、生協活動の発展に尽力した。